本日(Sun)お昼営業致します。
皆さまのご来店お待ちしております☆
新型コロナウイルス感染予防対策について
09/07 (月)

いやー今日は思った以上に面白かった。半沢直樹。週明けに今週の放送が「ない!」っと分かった時のショックっと言えば、それはそれは残念だった。しかしキャストの生放送が「ある」っと分かった時は、それはそれは嬉しかった。

反復法を使っての出だしになったのは、クドく書こうと思って書いたわけではなく、ただたんに、番組に率直な気持ちを表しただけであって、決して推敲した訳ではないので悪しからず。それだけこの番組が好きなのであるっと言う意味であります。

僕は、好きなドラマ番組や映画や本を、何度も繰り返し観るのが好きで、それに時間を使うのが苦ではないのです。繰り返し読んでると良く頭に入り、今まで見えていなかった所を再度発見できるからなのであります。本音を言うと、一度でなんでも済ませたいのですが、できる訳もなく^^; そして同じ場所でも、やっぱ良いなぁ〜ココって思えるからなのです。

こんな話をよく深夜に、心と性の専門のフェティッシュDrと話をしたりもします。彼曰く、僕も先生と同じタイプらしく、同じ様なことで暮らしの中でのリスクを共感し、悩める大人の男を… それに生きてく面白さと、またその難しさについて話し込んだりもしております。

「男は…」と偉そうに書き出してはみたけれども、自分だけかも知れないことは忘れてはおらず、少し気がかりではあるが書き進めさせてもらいましょう。

先ずは、男は女史とはかろうじて「違いがある」と申し上げておきます。男たちの欲望の対象は、物心的で、女性の体の部位(手足など)や着用するものに欲情を繰り返し劣情する。これは性愛のメカニズムにおいて誠に理にかなっている。男からフェティシズムを奪い去ったとしたら、男達は皆女性の顔だけを選択基準に選ぶことになり、美醜(びしゅう)の差はより激しくなってしまうだろう。だからこそ求めるのは、その人のファッションであり、仕草であり、話し方や笑い方にまで教養を求め探してしまうのだと思います。

でも一番大切なのは新しさ。新鮮な物なのだ。書き難いが、分かりやすく書くと"者"なのである。これまでの経験から申しますと、例えば、慢性化したモノにどんなに劣情しても、どんなに付加価値を高めても、興味があるのを隠すことができないのが、まだ抱いたことのない相手に対してである。実際まだ何も知らない相手であって、相性すら合うとは保証されていなくても、男はそこにロマンを感じるのでしょう。そして学習能力があるにも関わらず、同じ失敗を繰り返すのです。実際これを書くと、あっちこっちから問題が出るので書きたくはなかったんだけど、前述に男は! っと大きく振りかぶってしまったので、覚悟の上での撰述なのであります。事実これは接客トーク中に溢れでたお話で、僕は「そうだなー」っとは思うけど、それを書いてしまえば御法度ですよね。っと声を上げましたが…… だけどだけど 幸せ絶頂期のおじさんメンバーさんがそう言うから仕方なく…… ココに^^; ほんと悪意あるよね。(笑)

前が長くなって忘れかけてたけど、ここで言う'女史'とは、一般的な言い方の女子と、捉え方を変えて頂きたい。訳は、僕が営業と自身の暮らしの中で、続けてきている方針原則が大きく関わっているからなのです。自分が思い焦がれる、知的な品行方正の女性を重ねているからなのですあります。僕たちが手を伸ばして掴み取りたい、そんな憧れをも意味しての女性なのだと言うことなのです。

09/01 (火)

私に「弱虫ぺ◯◯」を教えてくださった数名の方々、ありがとうございました。全く知らなかった世界を知る事ができました。文字通り"弱虫なぺ◯◯"を、毎晩のように楽しんでおります。今は2回目のインターハイが始まったところです。インターハイといえば、お店に来るお客さん、これに出たという方がちらほらいらっしゃいましてね、うーん、すごいです!(ぺ◯スのインターハイではありません、念のため。)

さてさて、このWEBサイトに漫画がアップされました。(詳しくは、前々のスタッフ日誌に書いてありますね。)当方漫画好きであり、手塚治虫さんや少年少女漫画、青年誌系など幅広く楽しんできました。だがしかし駄菓子菓子、描くのは初めて。それに学生の頃、美術の授業にて、描いてる途中でどうしたら良いか分からなくなり、先生に見せたら失笑されたこともあります。そんな私でもiPadを駆使することで、なんとか完成までこぎつけることができました。完成してみると、こんなんで大丈夫なのだろうかと心配になりましたが、マスターが載せても良いと判断してくだすったので、もう悩みません!この漫画が、初めての方の不安を少しでも取り除き、一歩踏み出すきっかけになったら良いなあと思います。そしてご来店の際には自己紹介(=自分が何者であるかを説明すること)を書いてもらえたら嬉しいです。

そうこうしているうちに、もう9月。そろそろ長袖の服達の様子を見ておかなければなりません。と言っても大阪の最高気温はしばらく30度超えるようですし、衣替えのことを考えるなんて、まだまだ早いと思うでしょう。実感わきません。しかし、急にその時はやってきます。季節の変わり目、毎回思いませんか?特に女性の方々。あれ?去年何を着ていたかしら?と。何か着ていたハズですのに、無いよ~と思ってしまいます。あるにはあっても、もう着たくない、気分じゃない、という事もあります。それからジャケットやコート、靴についても考えなければなりません。しまった!ボロボロだった!傷んでいたんだった!ということがあるんですよね、これがまた。

よく思うのです。部屋の乱れは心の乱れ。私、最近、部屋が散らかっていたんです。「後で片付けるコーナー」にも物がどんどん溜まっていました。気が付けば、体重も増えていたのです!ひえー!あ、でも、お店に居られないほどではありませんYO!

それでは!

08/31 (月)

今日のサンデーは英語を直訳した様な良く晴れた日でありました。しかし8月も終わりに近づくと、雷を伴った夕立がいきなり襲いかかって参ります。その雷の音の大きさと言えばそれはそれは恐ろしく、サマソニやクラブでどれだけ頑張っても到底真似の出来ないものであります。本気でここに落ちたらどうしよう?って考えちゃいますよね。晴れがあれば雨も必ずある。そう言うことですよね。そう今夜は大好きな“あれ!アレですよ!" 晴れの日に傘を貸し、雨の日にその傘を取り返す! アレの日でしたよ。直樹の日でしたよね^^* 晴れた日もあればまたその反対は"倍返し"で大雨… 今夜も凄かったですねー! 特に顔芸がいいですね^^ もう朝から待ち遠しくって待ち遠しくって仕方ありませんでした。半沢直樹。

外見上はいかにも尤もらしいけれど、どこかインチキ臭い詭弁を、白は白、黒は黒と直樹が理路整然とカタルシスの法則で、僕達をスカッとさせてくれる一場面が、快感のなんのって言ったらもうたまりませんね。本当に好きなドラマNo1であります。なので僕もナンバ1を目指して、誠に恐れ多い恐縮でありますが、自分も絶対どんなことがあっても詭弁で物事をすり替えず、この先も足しげに通っていただけてる大好きなメンバーさんに、期待される店である様に努力して行きたいっと思っております。

取り立てて今に始まったことではありませんが、僕の個人的主観が店の細部にまで渡って行き届いております。例えばを言い出すとキリがありませんから申し上げませんが、とりわけ新規のお客様に対しては非常に細かい所があります。はっきり申し上げますと、文章をご理解出来ていない方が多過ぎるっと言うことであります。申し訳ないのですが記述通りこちらもお約束は守ります代わりに、お客様も店がナニを言いたいかを分からない方はエントリを控えて頂きたいのです。特に一番最初の自己紹介はとても大切だと感じております。「今どこどこでご飯食べています。彼女は誰々に似ています! この後少ししてから伺います」など、自己紹介に一切触れていない状況説明など聞いても仕方がありませんし、もう残念で仕方がありません。幼稚さや無学を露呈させてるのに気付かない方はご遠慮頂きたい気持ちです。

そして、ご新規で来店を試みてくださる方が毎日ありがたいのですが、サイトをしっかりと読み込んでおられる方は滅多に居られません。寧ろ、心配や不安ではないのでしょうか? 行って嫌だったり、もしかしたら断られるかもを予測できないのでしょうか? 僕ならそこを考えます。 半ズボンやスリッパやTシャツ…コンビニじゃありませんからね。仮にも素敵な女性を目的に思っての来店なのでしょうから、その時点で太平洋横断をゴムボートで行くのと同じですよ。 ありのままの自分で、何処にでも対応できる容姿なら問題ありませんが、そんな方滅多にいらっしゃらないでしょう〜。なので服装を靴を全て見られていると考え、今一度チェックして欲しいです。くどいようですが、風俗店に行く時でさえ、かなり気を遣って行ってもらいたいですね。

最後に、僕もそうなんですが、自身で教養や品行の不足を感じている人は、教養をつける準備ができている人なので、なんの心配もないと考えます。知的な意味で、他者に寄り添うことの出来る人が、真の教養人だと思いますが。

08/23 (日)

人には得意なものと得意ではないものがある。ひょんな事からその得意な部分を仕事として活用してしまうことがあり、またそこから発展してその分野に光が当たってしまうこともある。殆どのメンバーさんなら、一度や二度は接客させて頂いているお昼の顔のStaffさん! そうワンランク上の彼女の事です。承知ではない方なら「ワンランク上」って言われてもナニがなんだい?って思われる筈でしょうから手短に紹介致しますと、とても気遣いのでき教養のエッセンスがある方っと申し上げておきましょう。 そのStaffさんが偶然にも、僕が全くセンスもかけらもない絵心を持っていたのであります。

何かいいアイデアないかな?どうしたらもっと楽しい店やサイトになるんだい?っと日々奮闘してるのが僕は楽しくって仕方が無いのですが。そんな中Staffさんが、新規お客様の最初の第一歩って事での導線で、分かり易くマンガでお店を紹介したらいかがですか?っと僕にアイデアをくれたのです。一瞬でそれいいね👍決まり! って事になり、じゃプロにマンガ制作依頼しようか?っと相談したら… もし私で良ければ描かせて下さい‼︎ っとのまさかの返答。いつも拙い感じの雰囲気のStaffさんなので、大丈夫かい? 正直マンガを描くって大変だろうし、時間もかかるだろうしって思った以上に、こやつセンスあるんかい?っと内心は勘繰ってしまたのであります。

僕も映画や小説が好きで、描くにあたってはネームやプロットを考え、進めて行くくらいはなんとなく分かっておりました。だから試しに、ほんじゃまぁーちょっくらネーム描いてみて! っとお願いしてみましたら、翌日にはなんと見事なネームが完成していた。あれれ?あんたは経験者様なのかい?っと最初に偉そうに「ほんじゃ描いてみて」っと言った自分を後悔せざるにはいられないことに…

これ程の腕前なら今後のことを考慮して、紙に書くよりiPadが楽なので専用のiPadを買い、誰も居ない時間帯を利用して、チョコチョコと奥様の内職の様に描き進めていただきました。そして完成したのが「私をHBに連れて行って!」ではなくって、Shall We XoXo Melinda 「ドキドキ初体験」でした。またこの作品キャラクターもとても可愛く描かれ、ディテールも見事に描かれて居たのです。最初に「拙い」っと申し上げてしまったのですが、この子の観察力の素晴らしさに改めて感激いたしました。何かがしたい。新しいことがしたい。どこもやってないことをMelindaがしたい。鬼に金棒のStaffさんがいる事に感謝と再確認できました。

勿論この先も連載は予定しており、編集長は一応僕でありますが、全く藤四郎なので一切口出しはできません^^* 早く第2作を見たい! 今はそんなお客さん的な気持ちであります。

実は言うと2作目はこんなのもいいなぁ〜って思っていますが、絶対描いてくれなさそう…ですが…
①特に男たちが密かに劣情を催す具体的なフェティシズムはこれだ!
② 固い職業の男ほどインモラルな内容の作品を好む

あー絶対却下でしょね(笑)

08/13 (木)

それにしても暑いです。暑いと言えばインド。なぜ急にインドなのかと言いますと、インドカレーが大好きだからです!特にバターチキン!ナンは少しで良くて、カレーだけをスプーンで食すのが好きです。これ、お昼なんかに無性に食べたくなる時があります。でもまだパジャマだし、頭はボサボサ、眉毛も無いし、とてもじゃないけど外に出る気力なんてないナ。そんな時は、ウーバーイーツ!え?でも受け取る時に、顔を合わせないといけないのではって?大丈夫です。コロナ対策で新しい受け渡し方法が追加されたのです。いわゆる置き配です。顔を合わさずに受け取る事が可能なんです。念のため書き記しますと、配達員の方がドアの前に商品を置いてくださりましたら、配達完了通知がアプリに届きます。そうしましたら配達員の方が立ち去ったのを確認し、必要最低限に少しだけドアを開け、サッと商品の入った袋を家の中に引き込むのです。そんなわけで、下着または裸な時も安心なのです。何気にありがたいシステムです。

また同様に便利なのがルンバです。こちら購入してから1年以上経ちましたでしょうか。いまだにとっても便利ですし、買って良かったという気持ちは変わりません。フローリングの埃ってたった1日掃除機をかけないだけでも、すぐ溜まっちゃうんですよね。かといって、毎日掃除機をかけられるかと言えば、私は無理です。そんな時は、ルンバで解決!朝、出掛ける前にスタートボタンをピッと押すだけで自動的にお掃除スタート。終わればルンバ自ら充電器に戻ってくれます。そしてアラーム機能のように予約もできますし、出掛ける時にボタンを押し忘れても、外出先からアプリで指示も可能です。なんといいますか、家に帰ってきたら掃除してあるという、あの爽快感。もう手放せません。
ルンちゃん(ルンバの愛称)との出会いは友人宅でした。もともと気になっていたところに、リビングのソファーの下にあるのがチラリと見えましたので、さっそく動かしてもらいました。「綺麗にしてくれるよー」と、友人。そしてなんだか、一生懸命掃除しているように見えて、可愛いとまで思えてしまったのです。
こんなに便利なルンバですが、国内普及率6%
と、案外低めみたいです。しかし、これからも私の大切な相棒として、末永く活躍してくれる事でしょう。

大切な相棒…そう、棒といえば、少し前のスタッフ日誌に、毎日10分の運動を始めました!と書きました。これ、勘違いした方がいらっしゃいまして。「運動」を大人の運動の隠語と解釈してらしたのです。同じように深読みした方いますでしょうか?本当にYouTubeを見ながら運動(ダンス)をしていますYO!

というわけで、今週と来週の土曜日、お昼営業致します。タイミング合う方、ぜひ遊びにいらしてくださいマセね♡

08/10 (月)

僕は、過去に書いた文章で、未だに心に残ってるものがいくつもあるのです。その中でも、毎日お客さんと接している時に思い出すのがこれなのです。言うならば、何処のお店に行けばいいのか?より、そのお店でどう振る舞えば良いのか?だと思うって事なのです。

殆どのMens君は、自前の我慢強さからか、はたまた耐え忍ぶ方が"M男”の君には打って付けで、気持ちをしまい込んでいるのであろうか? など、完全に一歩前に出るのを躊躇している。
本当は今それを感じたいハズなのに… そう、頭の中でしか妄想でき得ないのは君のジレンマからなのか?とか… 毎回、目の前に映るその姿を眺めていると「悔しくないかい?」っと思ってしまう。

側から見ると、失礼を顧みず言わせてもらえば、一曲目のカラオケをいつまでも歌えない冴えない人を演じ、明からさまに仕事の出来ない人を露呈させている様なものだと思う。 なんだったら駆け引きのつもりなのであろうか? それとも、もったいぶっているのであろうか? 真意は不明だが、ここに来る全ての方の目的は、間違いなく同じはずなのだから、遠慮なく品行方正を軸にしながら、思いをぶつけて欲しいのです。思うに、個々の今の最適な選択が、本当に君の本懐ではない様に伝わって来てしまいます。そしてそれは、全体としての最適な選択には成っていないはずだと思うからなのです。どうか女性が居る時はもう絶対男性とは一切喋らない! って位の気持ちを持って貰いたい。男グループと女グループ! みたいな不細工な地獄絵図は居酒屋と同じ。誰も望んでないよね。

確か前回次は、Melindaのマルコス大統領のお話です! って書いたはずだから、無理くり指定方向外進行禁止を無視して急旋回してみますが、内容の急変更に戸惑わないで下さいませ。それはこんなお話なのであります。

昔〜昔ある所に、とってもお話上手な営業マンさんが居られました。そのお方は営業に出れば、何処からも良い人だなぁ〜っと間違いなく言われるのです。そして幾度も幾度もひたすら笑顔と時間を使って帰って来るだけなのです。 これ聞いて誰でも即理解出来ますよね? 会社なのだから営業に出掛けて、最後に契約と言う結果を出して帰って来なくては行けませんよね? 僕が言うのはココなのです。場所は変わっても同じなのだと思います。いつまでも口説き落とす訳でもなく、ただただ苦痛にすら感じる長時間の会話… 正直言ってしんどいです。お分かりになりませんか?って事なのです。 また女性も優しいので半端ない遠慮がそこに生まれる。サッサとテンポ良く弾む様に会話すれば、一つや二つの契約も出来ただろうなのに… ハイ、自らのテンポの悪さが売れない営業マンを作り上げてしまうのです。 またそんなタイミングに優秀な営業マン(Melindaのマルコス大統領)が来店で、もう鎮火しそうだった僅かな灯火を、持ち前の明るさと笑顔だけでソファ席で※1で、※2まで一瞬で持っていったのです。素晴らしい限りですね。
その後にかわい子ちゃんからお聞きしたのですが、どうして差し"替えメン"になったの?って聞くと! 良い人なんだけど「話が長過ぎて嫌になりましたぁ」っと具体的なやっぱりのお答え。

覚えといて下さい。話が長いのは老化現象の始まりですっと。終電やスケジュールも皆それぞれ事情があるので、延々とはもうNGで。

はい。こんな感じで半沢直樹を観た後に書いてみました。そして今また、2回目の大阪ミナミだけの飲食店放置Playが始まりました。が、偶然にもMelindaは、お昼Cafeを開業当初より続けておりましたので、なんとか忘れられない様に続いております。 Cafetime 1人でなんでも切り盛り出来るワンランク上のStaffさんにも恵まれ本当に良かったです。じゃまたBye

続きはマイページをお持ちのメンバー限定です。
ログインしてご覧ください。